EFTサロン 森の泉

東京都文京区千駄木駅徒歩3分のEFTカウンセリングサロン

森の泉blog

Homeカウンセラー紹介
森本 祐里子 

森本 祐里子

臨床心理士・EFT タッピングセラピー・解決志向ブリーフセラピー

プロフィール

1971年 8月 熊本県生まれ
1994年 3月 横浜国立大学 経済学部 経済法学科 卒業
卒業後、司法試験を受験し続けるも全く受からず結婚後に受験を断念
2005年 1月 結婚5年後に離婚
2005年 1月 都内 派遣会社にて営業事務・研修インストラクターとして勤務
2005年 2月 産業カウンセラー資格取得
2005年 10月 解決志向ブリーフセラピーを学び始める
2006年 10月 再婚
2009年 10月 EFTを学び始める
2011年 3月 国際医療福祉大学大学院 臨床心理学専攻 修士課程卒業
2011年 9月 都内私立女子高校にてスクールカウンセラー
2012年 4月 臨床心理士資格取得
2012年 4月 都内 企業内心理相談室勤務
2012年 7月 埼玉県 企業内健康管理センター勤務
2013年 4月 神奈川県 カウンセリングルーム勤務
2014年 1月 EFT-Japanインストラクター資格取得
2014年 2月 EFTサロン 森の泉 開設
2014年 3月 国際医療福祉大学大学院 医療福祉心理学分野 博士課程満了

メッセージ

あなたが今、もっともストレスに感じていることは何ですか?
毎日の生活の中で、一番困っていることは何ですか?

「カウンセリングなんて、ただ話をするだけなのに、なにか役に立つの?」という
疑問をお持ちの方も多いでしょう。それは当然だと思います。

でも残念ながら、一人で悩んでいるだけで解決できることは、
実際のところ非常に少ないものです。

例えば・・・「あの俳優さんの名前、何だったっけ?」と
思い出せなくて悩むことってありますよね?
そんなときって、ずっと一人で考えていてもなかなか思い出せないものですが、
誰か近くに居る人に、「ねえねえ・・・」と話しかけた瞬間に、
「あっ!わかった!」、なんていう経験、ありませんか?
頭の中で考えるだけの時と、人に話そうとする時では、たぶん頭の中でちょっと
違う回路を使うのでしょうね。それで、話そうとした瞬間に、突然、思い出したりする訳です。
ですから、もしあなたに悩みがあったら、とにかくまずは身近な人に、ぜひ相談してみて下さい。
それでも解決しない場合には・・・ぜひ、「EFTサロン 森の泉」にいらしてみて下さい。

 

私のモットーは、「その日の問題は、できるだけその日のうちに解決すること」
そんなことできるはずないじゃないか!と思われるのは当然です。

私には、治す力はありません。医療行為でもなく、ましてや宗教でもありません。
でも、実は、私たちには、良い方向に変化する力が秘められています。
みなさん誰もが、ご自分の中に答えをお持ちなのです。

「答え」「気づき」「愛」「豊かさ」「光」は、全て私たちの中に内在しているのです。
私はそれを、すっと引き出すお手伝いをするだけなのです。

 

 多分、皆さんは、正直、問題が解決するのであれば、そのやり方なんて何であろうと構わないとお思いでしょう。
でも念のため、「森の泉」ではどんな方法を用いるのかご紹介いたしましょう。

 私はずっと、働く忙しい方たちのために、一番確実に効果が現れる心理療法を探し求めてきました。
 その中で最初に出会ったのが「解決志向ブリーフセラピー」、そして次に出会ったのが「EFTタッピングセラピー」です。
この2つを組み合わせることで、これまで経験したことのないスピードで効果が現れます。
 それはもう、その場ですぐに、見事に効果が現れることが、非常に多くみられます。

臨床心理士としての専門的な知識と、2つの素晴らしいセラピー法、そして何より、私たち自身の自然治癒力の3つが合わさることで、素晴らしい効果が発揮されるのです。


私は、色々な不調が生じる大きな原因のひとつは、自分自身の「思い込み」なのではないかと思っています。


「なんか顔色が悪いね」、と言われると、急に具合が悪いような気がしてきたり、ずっとできなかったから今もできるはずがないと思い込んでいたり。

でも、自分を制限する「思い込み」から生じる不調和は、もう不要なものである、と気づいてください。もう、そんな「思い込み」は「解放」してしまいましょう。
 あなたは、一気に本来の場所へと戻ることができるのです。そして今こそ、そのタイミングなのです。

「もっと早く知りたかった!」セッションが終わってから、そう話されるお客様が多いのですが、でも、EFTタッピングセラピーも解決志向ブリーフセラピーも単なる手段に過ぎません。
これから先の未来は、ワクワクしながら、あなたが想像して、そして創造していくものなのです。

どうぞ素敵な未来を探しに、ワクワクした気持ちでいらしてください。
お会いできる日を楽しみにしております。

EFTとの出会い

EFTとの出会い私がEFTと出会ったのは、臨床心理士を目指してようやく入った大学院での修士1年生の夏、私が38歳の時でした。それまで人材派遣会社で研修インストラクターとして働いていた私は、派遣スタッフが抱える悩みに対して、何とか力になりたいと思いつつも、どうしていいのか分からずに途方に暮れていました。それで、働く忙しい人たちの役に立つ、即効性のある心理療法を探し求めていました。

そんな時『最新心理療法 EMDR 催眠 イメージ療法 TFTの臨床例』という本の中に、東洋医学でいうツボを用いた療法であるTFTという心理療法に目が留まりました。
さらに調べていると、TFTをより進化させた「EFT」というものがあるらしい、ということがわかり、さっそく『すべての望みを引き寄せる法則 夢を叶えるタッピング』という本を取り寄せて読んでみました。

一般的に、どんな療法であっても、そのやり方など手順については、本の中では漠然としか書いておらず、詳しいことは高いお金を払ってセミナーに行かなくては学ぶことができないようになっているものです。

それにも関わらず、その本の中には、「こんなに全部書いてしまっていいの?」とこっちが心配してしまうくらい、詳細に手順が書いてありました。

正直、前半の引き寄せの法則はいまいちよく分かりませんでしたが、後半のEFTの手順については「まあタダだし、ものは試し」と、本を片手にやってみると・・・うわっ!効いちゃった!

書いてある通りに、「自分を深く愛します」、というフレーズを言っていた時、いきなり涙が出てきてしまい、「ああ、私は自分の事が嫌いだったんだ・・・」と気が付いたのです。「ごめんごめん、これからは大事にするよ」、という気持ちが心の中から自然に湧いてきて、とてもすっきりして、前向きになれたのです。

初めて、しかもたった1回試してみただけなのに、です。

 

EFTとの出会い

それで、もっと詳しく知りたいと思い、セミナーを受けに行きました。
すると、セミナーを受けた参加者同士で、つまり全くの初心者同士でお互いにEFTの練習を始めると、やっぱりすごい効果が出るのです。
私は乗り物酔い、先端恐怖症があっさり治ってしまいました。まさか、乗り物酔いが治るとは思ってもみなかったので、本当に驚きました。
そして同時に、自分の「思い込み」がこんな症状をずっと持続させてきたんだ、と気がついたのです。でも、今までだったら、「思い込み」に気がついたとしても、それを手放すことはできなかったでしょう。
それをこんなに簡単に、まったくの素人同士でもできてしまうテクニックがあるなんて・・・。

 

これは臨床心理士として働くまでに、なんとしても習得したいテクニックだと思いました。でも同時にショックでもありました。これまで勉強してきたことは何だったんだろう?と。
で も、この素晴らしさに気がついてしまった以上、もうやるしかありません。そして、まだまだ心理療法としては未知の部分が多いものでしたので、これは科学的 に研究していかないと、怪しいテクニックとみなされてしまい、実際のカウンセリングの中では使わせてもらえないかもしれない、という危機感も持ちました。 そのため、大学院での私の研究テーマとすることにしたのです。

 

そしてイライラや怒りに対する効果について研究すると、驚くような結果が出たのです。この結果については、これから学会に発表する予定です。また、なぜこんな素晴らしい結果が出るのか、そのメカニズムについて、今後も研究を続けていく予定です。